anatano@jiritusien.com
ABOUT
TOPに戻る


「会社が変わる」とは、どうなることか?

5-ポリシー(新しい言葉)が浸透する過程

 ポリシーを持った人(ブルーのBとしましょう)が、コアとなるメンバーと信頼関係を築きます。信頼関係を築くポイントは、「聴く」ことです。コアメンバーは不平や不満を聞いてもらうことで安心し、そして、安心を与えてくれた人を信頼します。
 Bはファシリテーターとなり、そのBが見守る中でコアメンバーは議論します。(何を言っても怒られないという安心感が議論を闊達にします)
 議論していく過程で、コアメンバーはポリシーを自分のものにしていきます。自分のものになると自信がつき、その自信が使命感を生みます。
 さて、プロジェクトで議論しているメンバー間にポリシーは浸透しましたが、外の世界は古いポリシー(黄色)のままです。そこに対して情報を発信し、啓蒙活動を行います。
 外の世界にも、新しい言葉が少しづつ伝わり、変化を受け入れる土壌が耕されます。
 その準備が整った段階で、コアメンバーがそれぞれ受け持ちのセクションに散っていきます。
 その持ち場で、コアメンバーはBと同じような活動をし、ポリシーを現場に落とし込んでいくわけです。

*注意点:「自覚」を押し付けることが良くあります。しかし、無理に押し付けられた借り物の「自覚」の下で行う行為は「やらされ仕事」になってしまいます。 

 上記プロセスを見ると、先ず「安心」を与え、次に「自信」をつけ、その上で「使命感」(=自覚)が自然発生することがよく分かると思います。この順番を間違えないようにしてください。

【ページトップに戻る】


組織改革
戻る 続きへ
会社が変わるとは、どうなることか
抵抗勢力とは何か
PJ推進組織の意味と役割
PJテーマの選び方